液晶テレビ、プラズマテレビ、比較・ランキング

安い液晶テレビ、プラズマテレビ、比較・ランキングサイト 激安価格の液晶テレビや小型液晶テレビの違いを比較・選び方

安い、液晶テレビ比較。激安 プラズマテレビ

液晶テレビ比較カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

液晶テレビおすすめリンク

このブログをリンクに追加する

液晶、プラズマ記事

液晶テレビRSSフィード

液晶テレビPR

263円からのナウでヤングなレンタルサーバーロリポップ!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

液晶テレビとプラズマテレビの違い
液晶テレビはバックライトの光源を遮ったり透過させたりして表示するのと比較し、プラズマは放電による発光を利用し蛍光体を光らせて表示する……。
などと難しい話は置いといて、利用する立場から見た主な特徴から「液晶テレビとプラズマテレビ、どちらを買ったら良いのか?」という比較検討の疑問にお応え出来ればと思います。




液晶テレビ最大の特徴は安い?

薄型テレビの代表といえば液晶テレビですね。これは、液晶テレビの方がプラズマテレビよりも10年程早く市場に出たため比較的に「薄型テレビ液晶テレビ」というイメージがついています。

また、パソコンの薄型モニターや携帯型テレビの殆どに液晶が使われている事も「薄型テレビ液晶テレビ」のイメージに大きく影響しているようです。

そんな液晶テレビの最大の特徴と言えば「小型で安い」という事に尽きます。

「大画面(37型以上)には拘らない。安い薄型テレビが欲しい」という方は、液晶テレビを選べば間違いありません。


液晶テレビ

液晶テレビの特徴

もちろん、液晶テレビには「小型で安い」以外にも様々な特徴があります。ここでは、長所と短所に分けて液晶テレビの特徴を説明します。


【液晶テレビの長所】

液晶テレビは消費電力が低く、電気代が安く済みます。
液晶テレビは画面の反射性が低いので、周りのものや照明などが映りこみにくいです。
・液晶パネルは長寿命ですので、長い目で見るととてもお得です。
液晶テレビは小型・薄型に作ることができます。


【液晶テレビの短所】

液晶テレビの殆どは保護ガラスが付いておらず、パネル自体が壊れやすい。
液晶テレビは応答速度が遅く、スポーツやアクション映画等を見るのには向いていません。
液晶テレビはコントラストが低く、ややのっぺりとした画に見えることがあります。
液晶テレビを画面を斜めから見た場合見えづらくなります。
液晶テレビは大型化が困難で大画面(37型以上)の液晶テレビは割高になります。


代表的な液晶テレビ


シャープ AQUOS(アクオス)
東芝 REGZA(レグザ)
ビクター EXE(エグゼ)
三菱 REAL(リアル)
ソニー BRAVIA(ブラビア)
パナソニック VIERA(ビエラ)
日立 Wooo(ウー)




プラズマテレビ最大の特徴

さて次にプラズマテレビの特徴です。液晶テレビよりも10年も遅れて出てきたプラズマテレビが、今や液晶テレビと肩を並べて競っている最大の理由は「大画面(37型以上)が安い」という事です。

また、プラズマテレビは応答速度が早いことも重要なポイントですね。比較的動体視力の良い方なら、液晶テレビでスポーツ観戦など出来ないでしょう。液晶テレビだと動きの早い部分がどうしてもボヤけて(ブレて)しまうのです。特に動体視力の良い方は、トーク番組等でも出演者のちょっとした動き(手や顔の動き)がブレて見えてしまい、見ていられないそうです。

ですので、「大画面でスポーツやアクション映画等を楽しみたい」という方はプラズマテレビを選んでください。


セッティング

プラズマテレビの特徴

ここでは、長所と短所に分けてプラズマテレビの特徴を説明します。


【プラズマテレビの長所】

・大画面になればなるほど、液晶よりも安くなります。
・応答速度が速く、スポーツ観戦でも動きがなめらかです。
・画面に保護ガラスが付いており、画面が破損しづらい。
・画面を斜めから見た場合でも見えやすい。


【プラズマテレビの短所】

・消費電力が多く、電気代が掛かります。
・発熱量が多いので、放熱の為のスペースが必要となります。
・高精細化が困難で、フルHDの開発が液晶より遅れています。
・入力から出力までにタイムラグがあり、TVゲーム等には向いていません。

代表的なプラズマテレビ


パナソニック VIERA(ビエラ)
パイオニア purevison(ピュアビジョン)
日立 Wooo(ウー)



結論

以上、長々と液晶テレビとプラズマテレビの比較を書いてきましたが、ここまでお読みいただいた方には「液晶テレビとプラズマテレビは一長一短である」事がご理解いただけたと思います。

ですので、液晶テレビとプラズマテレビを比較しどちらを選ぶかは、どんな事を一番重視するかによって決まってきます。あなたは何が一番重要ですか?

「安い薄型テレビが欲しい」⇒ 液晶テレビ
「小さい画面が良い」⇒ 液晶テレビ
「電気代が安いほうが良い」>⇒ 液晶テレビ
「大きい画面が良い」⇒ プラズマテレビ
「スポーツやアクション映画が好き」⇒ プラズマテレビ
「小さい子供が画面に触りそう」⇒ プラズマテレビ






スポンサーサイト
TOSHIBA 液晶テレビ REGZA(レグザ)C2000シリーズ
REGZA C2000
地上・BS・110度CSデジタル

C2000


高画質 ISP液晶パネル液晶テレビ

広視野角を誇るIPS方式液晶パネルを採用した液晶テレビ。業界トップクラスの178度もの視野を実現し、角度による輝度や色調の変化が少なく、斜めから見てもクリアでコントラスト感のある映像が楽しめます。また、オーバードライブ回路での中間応答速度改善と、各階調での安定した応答速度で、さまざまなシーンで自然な映像を再現する液晶テレビです。





質感リアライザー / TOSHIBA 液晶テレビ REGZA(レグザ)C2000シリーズ
REGZA C2000
地上・BS・110度CSデジタル

肌色質感表現

肌色質感表現暗いシーンで気になる人物の肌の黒ずみを防ぎ、階調豊かに肌色を表現。明るいシーンでも顔のハイライト部分をより滑らかに、より自然な映像に描き出す液晶テレビです。


中間輝度質感表現

中間輝度質感表現液晶テレビ画面いっぱいに広がった空などの暗く沈みがちな中間輝度のシーンも、暗部のトーンを落とすことなく鮮やかに再現。自然のもつ本来の色合いをリアルに映します。


白質感表現

白質感表現輝度の高いハイライト部分の陰影を表情豊かに再現。ハイライト映像に起きやすい白とびを防いで、雪景色などの微妙な階調もより繊細に描き出すことができます。


黒質感表現

黒質感表現画面全体が暗いシーンでも、暗部のゲインを適切に補正。黒の中にあるわずかな黒の違いまでをリアルかつ階調豊かに再現する液晶テレビです。





色彩を描く、会長表現力 / TOSHIBA 液晶テレビ REGZA(レグザ)C2000シリーズ
REGZA C2000
地上・BS・110度CSデジタル

新カラーイメージコントロール・プロ

新カラーイメージコントロール入力信号をリアルタイムに分析。4096の濃度、2048の色相・明るさに加え、64色の輝度別の独立制御などで、リアリティに富んだ色表現を再現。


バス幅14ビット精度高画質化処理

バス幅14ビット精度高画質化液晶テレビ高画質化の決め手となる様々な映像処理機能に、従来比16倍となる14ビット精度処理を採用。さらに高画質化内部処理においては最大18ビットにも及ぶ映像処理を実施。映像の欠落やノイズの発生を抑え、アナログの持つ繊細な質感に限りなく近づけました。


魔方陣アルゴリズム・プロ

魔方陣アルゴリズムプロ方陣アルゴリズムの約4倍、4096階調まで高め、より緻密で滑らかなグラデーション表現が可能になりました。微妙な色のうつろいも自然に描き出し、豊かでなめらかな色彩を液晶テレビで表現します。


豊富な映像メニュー

昼の明るい日差しのなかのリビングでテレビ番組を楽しんだり、お部屋の照明を落として本格的に映画を楽しんだり、さまざまな環境やコンテンツを常に高画質で楽しんでいただくために、豊富な映像メニューを用意しています。今回新たに、フィルム素材やビデオ素材のクオリティーを最大限引き出す映画プロ、テレビプロモードを搭載し、お客様によるきめ細かな映像調整も可能です。

MPEG-HDフルデコード

MPEG-HDフルデコードデジタル放送は映像を効率的に伝送するために、MPEG方式で圧縮して送信しています。これを受信したデジタル液晶テレビでは、元の信号に戻すデコード処理を行います。〈レグザ〉は、このデコードにおいて、水平方向の画素を間引くことなく元の映像の状態に戻すフルデコード処理を実施。放送本来の緻密なハイビジョン映像をリアルに再現します。


新ヒストグラム・ダイナミックガンマ

新ヒストグラム・ダイナミック1シーンごとに映像信号を7種のヒストグラムで分析し、高画質処理専用CPUで色調を緻密に調節。色の陰影、濃淡などを高精度に補正できるため、液晶テレビで描写が困難だったハイライト映像も階調をつぶすことなく、細やかに映し出します。


ヒストグラムバックライトコントロール

ヒストグラムバックライト暗部の輝度ヒストグラムに応じてバックライトをリアルタイムにコントロールすることで、黒浮きを抑えつつコントラスト感のある映像を再現。花火が開くシーンなども輝きを落とさず、彩りあざやかに描写します。







さまざまなコンテンツをあざやかに映し出す / TOSHIBA 液晶テレビ REGZA(レグザ)C2000シリーズ
液晶テレビ REGZA C2000
地上・BS・110度CSデジタル

新MPEGノイズリダクション

新MPEGノイズリダクション動きの激しい部分のブロックノイズ、文字のエッジ部分などのモスキートノイズ、暗いシーンに発生しやすいランダムノイズを低減する液晶テレビです。


ダイナミックノイズリダクション

ダイナミックノイズリダクション夜景などの暗い映像シーンで画面全体に発生しやすいランダムノイズを低減。ノイズの目立つ暗部は強めに、比較的ノイズの目立たない明るい箇所は弱めに、きめ細かく制御することで、より透明感のある液晶テレビ映像を作り出します。





高音質 / TOSHIBA 液晶テレビ REGZA(レグザ)C2000シリーズ
REGZA C2000
地上・BS・110度CSデジタル

SRS 3D

高音質音の方向性などを補正し、適正なリスニングポジションを拡大。広い範囲で立体的な音を再現できる液晶テレビです。

SRS TruBass

パイプオルガンの重低音再生技法を応用。低音専用スピーカーやイコライザーがなくても、本体スピーカーのみでダイナミックな音声を再現します。

SRS FOCUS

音の補正をすることで人の声やドラマのセリフなどをクリアに再現します。




リモコン / TOSHIBA 液晶テレビ REGZA(レグザ)C2000シリーズ
REGZA C2000
地上・BS・110度CSデジタル

レグザ液晶テレビリモコン

レグザリモコン“ユニバーサルデザイン”を基本コンセプトに、すべての人々にとっての使いやすさを目指した新たなリモコン、それが「レグザリモコン」。主要なボタンの面積を広くし、指先に馴染む形状を施すことで、高い操作性を実現。ボタン表記は、科学的検証に基づき、文字をネガ表示にし、色彩、コントラスト、大きさに配慮。暗所における視認性を向上させました。全体のフォルムは、小さな手の人にも握りやすい新グリップ形状で、卓上操作にも適した安定感あるスタイルを採用しました。


BS・110度CS放送局選局ボタン

BSデジタル・110度CSデジタル放送がダイレクトで選局できます。


地上放送局ボタン

地上デジタル・地上アナログ放送がダイレクトで選局できます。


番組表ボタン

大きくて見やすい電子番組表へ簡単アクセス。録画予約もカンタン。


ページ切り替えボタン

目的の位置へ高速移動。





メディア / TOSHIBA 液晶テレビ REGZA(レグザ)C2000シリーズ
REGZA C2000
地上・BS・110度CSデジタル

番組チェックも予約もできる便利な新EPG

epg2リモコンの「番組表」ボタンを押せば、地上・BS・110度CSデジタル放送や地上アナログ放送を見やすい番組一覧表で表示。大きめの表示エリアに6チャンネル5時間分を表示。文字サイズ切換や高速ページ切換など、番組選びや録画予約がさらに簡単にできます。

日時指定ジャンプ

選択画面を見ながら気になる日時を設定すれば、その時刻の番組表にジャンプ。見たい番組を前もって録画予約しておくことが簡単にできます。

キーワード検索

気になるキーワードを入力すれば、約1週間先までのキーワードに関係する番組をピックアップしてリストで表示できます。

ジャンル検索

映画、スポーツ、ドラマなどのジャンルを指定すると、約1週間先までのジャンルに該当する番組を検索してリスト表示できます。





デジタル放送を手軽に録画予約できる / TOSHIBA 液晶テレビ REGZA(レグザ)C2000シリーズ
REGZA C2000
地上・BS・110度CSデジタル

東芝独自、テレビdeナビ

東芝HDD&DVDレコーダー・RDシリーズと連携して、地上・BS・110度CSデジタル放送の録画予約をテレビ側で簡単に行うことが可能。テレビにデジタル放送の電子番組表を表示して、見たい番組を選択/予約するだけで予約情報がRD機に転送され、自動的に設定されます。

画面サイズ

さまざまな画面サイズ切替を搭載

デジタルハイビジョン放送をより楽しむための、さまざまな画面サイズを搭載しています。






端子 / TOSHIBA 液晶テレビ REGZA(レグザ)C2000シリーズ
REGZA C2000
地上・BS・110度CSデジタル


2系統のHDMI入力端子

HDMI次世代の主力なインターフェイスとなるHDMI入力端子を2系統装備。ハイビジョン信号をダイレクトに入力することで、高品位な映像を液晶テレビで再現できます。

液晶テレビでパソコン画面が見られる

HDMI端子またはDVI端子付のパソコンと接続してパソコンの映像を液晶テレビに映し出すことができます。(DVI端子との接続には市販のDVI-HDMI変換ケーブルをご使用ください。その際、同時に音声用コードを接続することで音声もお楽しみいただけます)

光デジタル音声出力端子

光デジタル音声出力お手持ちのアンプやスピーカーシステムに接続し、5.1chのサラウンドを楽しむことができる液晶テレビです。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
液晶テレビ